協和発酵のグルコサミンで軽快な毎日|用量を守って無理なく継続

夫婦

体を芯から温める食材

足先

冷え性は普通の冷えとは違います。気温の低下などで体が冷えることがありますが、冷え性は気温の変化に関係なく起こります。特に、体の末端である足先や指などが冷える人が多いのです。冷え性は単に冷えている箇所を温めるだけでは改善されません。体の中から変えていかないと、根本的な解決にはならないのです。冷え性が起こる原因は血行不良です。通常血液は体中をくまなく巡っているのですが、血行が悪いと上手く全身に行き渡らずに、体の末端が冷えてしまうのです。冷え性を改善する方法として手っ取り早いのが運動です。手足をぶらぶら動かしたり、指を閉じたり開いたりと簡単な運動で改善が見込めるのです。また、冷え性に効くツボを押してみるのも良いでしょう。アキレス腱や手の甲にあるので、気がついた時に刺激してみましょう。
これらの方法の他に、冷え性に効く改善法はやはり食べ物を変えることです。食べ物の中には体を冷やす役割を持ったものや温める役割を持ったものがあり、適切に食べることで体の中から温めることができます。体を温める食材で代表的なのものが、人参やごぼう、玉ねぎ、かぼちゃなどの冬野菜です。冬によく取れるこれらの野菜は、季節柄血行を促進する働きをしてくれるのです。一番良い調理法は生ではなく火を通すことです。炒めものでもよいですが、鍋やスープにすると芯からあたたまることができるはずです。逆に冷えを引き起こす食べ物はトマトなどの夏野菜です。健康には良いですが体を冷やす働きがあるので、食べ過ぎには注意しましょう。

Copyright© 2016 協和発酵のグルコサミンで軽快な毎日|用量を守って無理なく継続 All Rights Reserved.