協和発酵のグルコサミンで軽快な毎日|用量を守って無理なく継続

夫婦

副作用の少ない成分

女の人

更年期障害は女性に多く発症する病気です。主に閉経後の女性に現れる症状で、五十代になると発症率が高まります。更年期障害の初期症状は生理不順です。生理は月に一度決まった周期で起こりますが、生理不順になると、生理の期間が安定しません。また、出血の量にも変化が出て、多くなったり少なくなったりします。このような変化をしながら生理は徐々になくなり、閉経していくのです。閉経後は、女性ホルモンが大幅に減り、その影響で自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れると精神的に安定しなくなり、喜怒哀楽が激しくなる、慢性的な頭痛が起こるなど心身ともに様々な症状が出てくるのです。更年期障害には進行度によって治療法が変わりますが、よく薬を使った治療が行なわれます。更年期障害に効く薬は、漢方だと言われています。東洋医学の技術を取り入れた、副作用の少ない生薬から作られる漢方薬は、頭痛や目眩、情緒不安定を抑制する働きがあり、体の中から症状が改善していきます。また、通常の粉薬や錠剤と違い、体を温める効果もあるので、冷え性改善にも効きます。薬を長い間服用すると体が慣れてしまい、効き目が薄くなる場合がありますが、漢方薬は依存性が少なく、効き目が持続するのです。更年期障害に効く漢方薬は病院や薬局で薬剤師に処方してもらう必要があります。自分の症状を詳しく相談して適切な薬を処方してもらいましょう。更年期障害を改善するために、薬に関する知識をあらかじめ頭に入れておくと、相談がスムーズにいくはずです。

Copyright© 2016 協和発酵のグルコサミンで軽快な毎日|用量を守って無理なく継続 All Rights Reserved.